在宅ワークでも快適に過ごせる居住空間にリノベーション

 


皆さんこんにちは。

麻布十番、六本木、広尾周辺でマンションのリノベーションを手がける「renoverocca? 麻布十番」(by株式会社SOZO FACTORY)です。


新型コロナウイルスの影響で今年になってリノベーション需要が増大していますが、ニーズとして挙げられるのが、ワークスペース。実際に在宅ワークをしたところ、思いもよらない不自由さに直面した経験もおありではないでしょうか。

自宅というプライベートな空間ではオンオフの切り替えが難しい、職場で使用するようなデスクやチェアの備えやスペースがないといった問題はその一例です。

今回はプライベートな空間は大切にしながら、快適なワークスペースをつくる空間アイデアをご紹介いたします。



■個室? 半個室? それともオープンスペース?



これまでのワークスペースといえば、リビングの一角にテーブルを造作して、時には子どものスタディスペースとして使ったり、奥さま・ご主人、家族みんなが多目的に使えるケースが主流でした。


しかしコロナ禍の在宅ワークで浮き彫りになった問題が、オンラインのビデオ会議。リビングにオープンなワークスペースを設けていたり、そもそもワークスペースがない場合ですと、会議中は奥さまやお子さんに個室にこもってもらわないといけません。家族へストレスをかけたり、関係がぎきしゃくしてしまったという話もよく聞きます。



■個室の場合は将来的な用途や家族とのつながりを考える



もしオンライン会議が多いのなら、個室のワークスペースがおすすめです。ご自身の集中を高めるだけでなく、家族にも負担を強いません。


ただしこの在宅ワークがいつまで続くかは、不透明。コロナ終息後は従来の勤務形態に戻したいという意向をもつ企業が多いのも事実です。

したがって個室のワークスペースをつくるのなら、どのようなシチュエーションにも対応できるように想定しておきましょう。

たとえば将来的にお子さんの部屋に転用する、家族共用のライブラリーにする、あるいは趣味スペースに使う……といったことが挙げられます。


その個室型ワークスペースの場所ですが、仕事中でも家族とのつながりを大切にしたいのなら、理想的はLDKの一角に設けること。室内窓をつければ、LDKにいる家族の様子がわかります。その場合デスクは、背後に壁がくる位置に取り付けるのがおすすめ。オンライン会議の際、リビングの様子が映る心配もありません。



■セミオープンや、建具を利用したワークスペースのアイデア



もしお子さんが幼く目を離すのが心配なようでしたら、ワークスペースはLDKのなかにオープン、あるいはセミオープンな形でつくるのもよいでしょう。

マンションでもスキップフロアや小上がりにして、高さで変化をつくることにより、ゆるやかにゾーニングできます。あるいは袖壁を設けて、オープンな空間のなかでも壁に向かって集中できる一角をつくる手もあります。


開け閉めできる引き戸の活用も有効です。仕事をする時は引き戸を閉めきって集中できる空間に。仕事をしていない時は引き戸を開け放って、リビングの一部として開放してもよいでしょう。



■会社よりも効率がよく、かつ家族に負担をかけないスペースづくり



たとえ数畳のワークスペースでも、暮らし方・住まい方に大きな影響をもたらし、決してあなどれるものではありません。

現在お困りのことや思い描く理想の仕事環境、あるいは先行きの見えにくいなか将来的なスペースの活用について率直にお話をお聞かせいただきながら、クリエイティブかつ楽しく仕事に取り組める最高のワークスペースづくりのお手伝いをさせていただきます。


「renoverocca? 麻布十番」のモットーは、 “もっとおうちを好きになる” 「叶えるリノベ」。ワンストップ型を得意とし、皆さまの「叶えたい」を実現するリノベーションのため、じっくりとヒアリングを行い、最良のプランをご提案しております。

物件探しから手伝ってほしいという方も、ぜひご相談ください。物件探しは仲介手数料半額で承っており、さらに今なら「仲介手数料半額&リノベ諸経費5%サービスキャンペーン中」です!