リノベーションでできること、できないこと

 

皆さんこんにちは。

麻布十番、六本木、広尾周辺でマンションのリノベーションを手がける「renoverocca? 麻布十番」(by株式会社SOZO FACTORY)です。


マンション・リノベーションで知っておきたいのが、「できること」と「できないこと」があるという事実。できないことをしっかりと知っていて、その上で物件のポテンシャルを最大限引き出せて、理想の暮らしを叶えられる業者に依頼するのが、成功のコツです。


今回はリノベーションでできること、できないことの両方を紹介いたします。



■リノベーションでできること



リノベーションでトップにあげられる要望が、間取りの変更。

基本的に間取りは変更できるものと考えて差し支えありませんが、その自由度は構造によって異なります。一つ誤解されがちなのが、壁式構造。すべての壁が動かせないわけではありません。もちろん構造的に必要な壁は撤去できませんが、こうした壁を逆手にとってユニークなプランが生まれる可能性もありますよ。


キッチン・浴室・トイレの刷新も可能です。ただし大幅な位置変更は、排水管・排気ダクトといった既存設備との関係があるため、ケース・バイ・ケースということは心得ておきましょう。


味わいある古いマンションで問題になりがちな断熱性・防音性も、リノベーションで解決できます。



■リノベーションでできないことも知っておく



リノベーションで変えられないものは、共用部と呼ばれる部分。玄関扉、窓、サッシ、バルコニーなどが挙げられます。


ただし窓やサッシについては、もともとの窓の内側にもう1枚窓を設けられます。見た目の雰囲気を変えられるだけでなく、断熱性をアップさせるためにも有効です。


マンションの条件に左右されるのが、床材の変更や床暖房の設置です。床を無垢のフローリングに変更したくても、管理規約で遮音性の基準からNGが出ることも。床暖房も、もともとの床の構造や、マンション全体の電気・ガス容量の影響を受けるので、確認が必要です。



■制約があっても、プランの工夫で要望を実現



このように中古マンションのリノベーションでは、構造や管理規約の面から変えられないこともありますが、だからといって理想の暮らしが実現できないわけではありません。

例えば間取り変更の自由が低いと言われる壁式構造でも、プランや家具のレイアウトの工夫で最適な間取りをつくれます。


このような、「できること」「できないこと」があるのでマンションリノベはマンション専門のリノベーション業者である必要があると考えています。


麻布十番を拠点にマンションのリノベーションを専門に行う「renoverocca? 麻布十番」は、たとえ制約があったとしても、大胆なアイデア出しでご希望に添えるようなプランを提出しています。リノベーションをお考えの方はお気軽にご相談ください。